日常色々 2016.04.16 (土)
熊本で地震がおきています。
何も出来ないともどかしく思っている時
東日本大震災の時に聞いた言葉を思い出したので書いておきます。

災害ボランティアとか募金とかじゃなくても、ほぼすべての人が被災地のためにできることがあるそうです。
それは、「普段どおりに過ごす」こと。
大規模な災害が起こると、各地の色んな人的・物的資源が被災地へ振り分けられます。
当然必要な人役は残していくけど、どうしても地元は手薄になります。

そういうときに、怪我人や事故が多発して、援助隊の地元の警察や病院が回らなくなると、
援助隊全体に影響が出る可能性があります。

だから、怪我なく事故なくみんなが普段どおりに過ごしているということは、
援助隊の人たちが後顧の憂いなく活動するためには、とても大事なことだと思います。

20160416.jpg
本当に些細なことだけど、自分が元気に暮らしているだけでも被災地のためになるそうです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chobikyara.blog25.fc2.com/tb.php/575-72634e0d